痴漢に強い弁護士

痴漢事件/釈放・保釈 アトムで解決

「夫が痴漢事件で逮捕されてしまったが、釈放してもらう方法はある?」「痴漢で早期釈放された実例を知りたい」

痴漢事件の早期釈放についてお悩みの方へ。このページでは、過去にアトム法律事務所が受任した痴漢事件において早期釈放が実現できた例について解説しています。

痴漢事件に強い弁護士に早めに相談して、早期釈放を目指しましょう。

痴漢事件で逮捕されても、留置場から釈放される場合があります。

痴漢事件で逮捕された場合でも、留置場から釈放される場合があります。
具体的には下記のような場合です。

逮捕されても釈放される場合があります

逮捕は最長72時間続きますが、犯人と疑う理由や逮捕の必要性がないと判断された場合には、釈放される可能性があります。

逮捕されても、勾留されずに釈放される場合があります。

弁護活動によって、逮捕に続く勾留が決定されることを阻止できる場合があります。

勾留されても、途中で釈放される場合があります。

勾留が決定された場合でも、準抗告という不服申し立てが認められれば、釈放されることができます。

起訴されても、保釈で釈放される場合があります。

検察官によって事件が起訴され、刑事裁判を受けることになった場合でも、弁護側が請求した保釈が認められれば、保釈金を納付して直ちに留置場から釈放されます。

痴漢で逮捕されても、ご依頼者様が釈放されたアトムの活動の一例

勾留決定に対する準抗告が認められて釈放されたケース(227号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、20代男性、前科なし)が、金曜日の朝、通勤途中の電車の中で、乗客の女子高生の後方に立ち、後ろから右手で同女の太ももを触るなどした容疑で逮捕された事件。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。ご依頼者様は検察側の請求により一度は10日間の勾留が決定されたが、弁護側の不服申立てが認められ直ちに留置場から釈放された。
なお、その後の弁護活動により被害者の方にご依頼者様の謝罪と賠償を受け入れて頂き示談が成立したため、事件は不起訴で終了した。

勾留決定を阻止して釈放されたケース(256号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、30代男性、前科不明)が、木曜日の朝、会社へ通勤する途中の電車の中で、同じく男性である乗客の股間部分を、衣服の上から手でぐりぐりと触った容疑で逮捕された事件。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。弁護活動の結果、ご依頼者様は1泊2日の身柄拘束だけで直ちに留置場から釈放された。
なお、その後の弁護活動により本件を罪に問えないことが理解されたため、事件は不起訴で終了した。

勾留決定を阻止して釈放されたケース(50号事件)

【事件の概要】

ご依頼者様(会社員、30代男性、前科1犯)が、金曜日の夜、駅近くの路上で、通行人の女性の胸を触った容疑で逮捕された事件。女性は、ご依頼者様に売春を持ちかけ、これを断られたために嘘の被害届を提出した。

【解説】

逮捕された後に事件を受任。弁護活動の結果、ご依頼者様は2泊3日の身柄拘束だけで直ちに留置場から釈放された。
なお、その後の弁護活動により本件を罪に問えないことが理解されたため、事件は不起訴で終了した。

私達アトム法律事務所には、痴漢事件で逮捕されても、ご依頼者様の身柄を早期に釈放してきた多くの実績があります。痴漢の容疑で逮捕された場合は、無実の場合はできるだけ早く真実を明らかにして釈放されることが、真実痴漢行為をしてしまったのであれば、被害者の方への対応を含めた対応を早急に行う必要があります。
アトム法律事務所の弁護士は、多くの刑事弁護活動の実績をもとに、ご依頼者様の事情に応じた適切な対応によって、早期の身柄解放を求めて活動します。


全国/24時間/無料相談予約

今すぐ電話をかける

LINE

無料相談